メニュー

施設案内

院内風景

現在、作成中です。

設備・医療機器

neburaiza-

感染症用診察室:一般の患者様との接触を避けるため、インフルエンザの疑いのある患者様は別室でお待ちいただき診察を行います。当院では3部屋設けています。

補聴器検査室:通常の聴力検査室以外に補聴器専用の検査室を設けています。使用中の補聴器が最適な状態か否かを確かめることができます。当然、新規に補聴器を考えられている方の検査も可能です。

耳鼻科用CT:クリニックレベルでは珍しく、CT検査が受けられます。主に中耳炎や副鼻腔炎の診断に用います。通常の単純レントゲンでは分からない病変もCTで見つかることがあり、かなり有用な検査です。鼻汁や痰の症状が続いている方、頭痛・目の奥の痛みのある方、耳痛が続いている方はお勧めです。

その他、超細径ビデオ鼻咽喉スコープシステム、超細径鼻咽喉ファイバースコープ、デジタルレントゲン、電子カルテ、画像ファイリングシステムなど、必須と思われる設備はひととおり揃えています。

キッズコーナー・待合は床暖房設備があり、冬の寒い時期も快適です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME